ヒューマノイドオートバイレーサー、ロボットシェフ、ロボットストリッパーなどのスマートな発明品

世界有数のメーカーが、人生をの負担を減らすため設計された新たなハイテク作品をお披露目する「2016年世界ロボット大会」が北京で開かれた。最も珍しいロボットアシスタントをスプートニクの写真でご覧ください。
© REUTERS / Thomas Peter外科手術のアシスタントとして利用できるロボットを学者が開発した。
ロボット - Sputnik 日本
1/15
外科手術のアシスタントとして利用できるロボットを学者が開発した。
© AFP 2022 / John Thys訪問客を迎え、病院でどこに行くかを教える受付機能を果たすロボットとして「ペッパー」を大量に買ったベルギーの病院もいくつかある
ロボット - Sputnik 日本
2/15
訪問客を迎え、病院でどこに行くかを教える受付機能を果たすロボットとして「ペッパー」を大量に買ったベルギーの病院もいくつかある
© AFP 2022 / Str「Moley Robotics 」社は、料理に関する全行程で人間の替わりになれる調理ロボを作った。
ロボット - Sputnik 日本
3/15
「Moley Robotics 」社は、料理に関する全行程で人間の替わりになれる調理ロボを作った。
© AFP 2022 / Yoshikazu Tsuno東京タワーでは、常勤社員とともに「TAWABO」という展望台ガイドロボットが働いている。TAWABOは韓国語、中国語、英語、日本語の4ヶ国語で話すことができる。
ロボット - Sputnik 日本
4/15
東京タワーでは、常勤社員とともに「TAWABO」という展望台ガイドロボットが働いている。TAWABOは韓国語、中国語、英語、日本語の4ヶ国語で話すことができる。
© AFP 2022 / Philippe Desmazesフランスのぶどうプランテーションの中には、ブドウ栽培をロボットに任せる決定をとったところもある。
ロボット - Sputnik 日本
5/15
フランスのぶどうプランテーションの中には、ブドウ栽培をロボットに任せる決定をとったところもある。
© AFP 2022 / Yoshikazu Tsuno東芝社は、1目見ただけでは生きた女性と区別がつかない、人型ロボット「地平アイこ」を開発した。このロボットは人間の感情表現がプログラムされている。
ロボット - Sputnik 日本
6/15
東芝社は、1目見ただけでは生きた女性と区別がつかない、人型ロボット「地平アイこ」を開発した。このロボットは人間の感情表現がプログラムされている。
© AP Photo / Stephan Savoiaカナダの開発者によって作られた特別なロボット「Hitchbot」は、2014年から2015年にかけてカナダと欧州中をヒッチハイクで旅行し、成功した後に国際的な人気を得た。だが、米国を移動中に何者かによって破壊された。
ロボット - Sputnik 日本
7/15
カナダの開発者によって作られた特別なロボット「Hitchbot」は、2014年から2015年にかけてカナダと欧州中をヒッチハイクで旅行し、成功した後に国際的な人気を得た。だが、米国を移動中に何者かによって破壊された。
© AFP 2022 / Toru Yamanakaパナソニック社は、世界で1番長持ちだと発表されたミニロボット「エボルタ」を開発した。このロボットは水泳を含め、様々なスポーツを行うことができる。
ロボット - Sputnik 日本
8/15
パナソニック社は、世界で1番長持ちだと発表されたミニロボット「エボルタ」を開発した。このロボットは水泳を含め、様々なスポーツを行うことができる。
© AFP 2022 / John Macdougallドイツの「Tobit Software」は巧みにポールダンスを踊るロボットをお披露目した。
ロボット - Sputnik 日本
9/15
ドイツの「Tobit Software」は巧みにポールダンスを踊るロボットをお披露目した。
© AP Photo / Apichart WeerawongBigDogは、重いものを運ぶことができる、4足の足を持ち、頭を持たない適応制御機能付きロボット。このようなロボットは軍用。ロボットは様々な地上作戦で軍人を助けることができるとみられている。
ロボット - Sputnik 日本
10/15
BigDogは、重いものを運ぶことができる、4足の足を持ち、頭を持たない適応制御機能付きロボット。このようなロボットは軍用。ロボットは様々な地上作戦で軍人を助けることができるとみられている。
© AP Photo / Darko Vojinovicアンドロイド「ASIMO」はホンダ社の誇りだ。アシモは時速9キロで移動できる他、同時に話している3人の声を認識することができる。
ロボット - Sputnik 日本
11/15
アンドロイド「ASIMO」はホンダ社の誇りだ。アシモは時速9キロで移動できる他、同時に話している3人の声を認識することができる。
© AFP 2022 / Yoshikazu TsunoMOTOBOTはヤマハ社のヒト型自律ライディングロボットだ。この自律「ライダー」は時速200キロまでの速度のバイクを操作可能。
ロボット - Sputnik 日本
12/15
MOTOBOTはヤマハ社のヒト型自律ライディングロボットだ。この自律「ライダー」は時速200キロまでの速度のバイクを操作可能。
© AFP 2022 / Johannes Eisele中国江蘇省の町、崑山市には「ターミネーター」という名前の食堂がある。その食堂は、ロボットが料理し、客をもてなすことで有名だ。ここでは10体以上のロボットシェフとロボットウェイターが働いている。
ロボット - Sputnik 日本
13/15
中国江蘇省の町、崑山市には「ターミネーター」という名前の食堂がある。その食堂は、ロボットが料理し、客をもてなすことで有名だ。ここでは10体以上のロボットシェフとロボットウェイターが働いている。
© AFP 2022 / Romeo Gacad日本の学者により開発されたアザラシ型セラピーロボット「パロ」は、病院の患者や老人ホームの入居者をリラックスさせ、プラス感情を引き起こすために設計された。
ロボット - Sputnik 日本
14/15
日本の学者により開発されたアザラシ型セラピーロボット「パロ」は、病院の患者や老人ホームの入居者をリラックスさせ、プラス感情を引き起こすために設計された。
© AFP 2022 / NASA/HONASAとゼネラル・モーターズによって開発されたロボノート2は、人とともに宇宙で活動するために設計され、危険な宇宙飛行の際に宇宙飛行士を助けることを目的としている。
ロボット - Sputnik 日本
15/15
NASAとゼネラル・モーターズによって開発されたロボノート2は、人とともに宇宙で活動するために設計され、危険な宇宙飛行の際に宇宙飛行士を助けることを目的としている。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала