登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

最近ちょうちょが消えていっているのはなぜ?学者が解明

© REUTERS / Dylan Martinez最近ちょうちょが消えていっているのはなぜ?学者が解明
最近ちょうちょが消えていっているのはなぜ?学者が解明 - Sputnik 日本
フォローする
気候変動に関係した異常気象的な現象の頻発化のため、温帯気候帯にある多くの国で、多くの蝶の個体群が消えたか、目に見えて減少している。論文は『Journal of Animal Ecology』に掲載された。

クロゴケグモ - Sputnik 日本
雄グモ 交配後メスに食べられないようにする方法を考えつく
イースト・アングリア大学の気候学者は次のように述べた。

「多くの異常現象は極めて否定的に蝶に影響していることが明らかになった。例えば、芋虫が蛹に変わる時の降雨は英国に住む蝶25%にとって極めて危険であり、蝶にとって最も危険な天候現象である異常に高い冬季の気温は、半分以上の種に関係する。おそらく、冬季の暑さは蝶を冬眠から目覚めさせ、その後、寒さが戻ってきたときに死なせる。」

英国の学者たちは憂慮すべき信号を出し、それによると、2050年までにジャノメチョウ亜科、モリジャノメ属、セセリチョウ科、オオモンシロチョウ、モンシロチョウ、エゾスジグロシロチョウといった6種の蝶が英国と全世界において完全に消滅する可能性がある。

先に英学者がゴキブリは地球上で特別の使命を果たしていると発表した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала