那覇軍港の浦添市移設容認 沖縄知事「地元の意向」ー共同通信

© AFP 2022 / Toru YAMANAKA沖縄
沖縄 - Sputnik 日本
沖縄県の翁長雄志知事は9日、那覇市にある米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添市への機能移設を認めると初めて明言した。共同通信が報じた。

稲田防衛相 - Sputnik 日本
稲田防衛相、米ヘリパット建設求め沖縄へ
沖縄の浦添市長が2001年に受け入れを表明し、県も調整に応じてきた経緯に触れ「地元の意向は大きい。浦添に港湾施設ができることは認める」と県庁で記者団に述べた。

那覇軍港は、1995年の日米合同委員会で日本側への返還が決まった施設・区域の一つで、浦添移設が条件とされたことから、県内の一部に反対意見がある。

浦添市は那覇市と隣接しており、翁長氏は「浦添市長は(同じ)港湾施設内の整理整頓の範囲内だとして受けた。浦添の発展にも重要との発言もあった」と指摘した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала