米国務省は稲田防衛相の靖国参拝を批判

米国務省の報道担当者は29日、稲田朋美防衛相が真珠湾訪問の翌日に靖国神社参拝を参拝したのについて「歴史問題は『癒やしと和解』を促す形で取り組むべきだ」と暗に批判したことは読売新聞の取材で明らかになった。

一方、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は「日本の防衛相が、真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊する式典出席から帰国したその翌日に、周辺国から『日本の軍国主義の過去を美化している』と見なされている神社を訪問した」と批判的に伝えた。アジア外交に対する多面化し過ぎたアメリカ政策があらわにされる。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала