登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

学者:19世紀の英国の画家たちは「ナノテクノロジー」を使用していた

© 写真学者:19世紀の英国の画家たちは「ナノテクノロジー」を使用していた
学者:19世紀の英国の画家たちは「ナノテクノロジー」を使用していた - Sputnik 日本
フォローする
19世紀に画家たちは油絵の具用の珍しい「ナノ」凝固剤を使用していた。学者たちがついにその成分の秘密を明らかにした。雑誌Angewandte Chemieが伝えた。

シンガポールのアーチスト 食べることのできるスカーフを編む - Sputnik 日本
シンガポールのアーチスト 食べることのできるスカーフを編む 【動画・写真】
19世紀にその非常に鮮やかな色彩と「大気」を感じさせる風景画で名を馳せた英国の画家ウィリアム・ターナーは、ルネサンス期のリアリズムと印象派の始まりを併せ持っている。芸術学者たちはターナーを「光の画家」と呼んでいる。

ターナーの作品の秘密の一つは、有機樹脂、亜麻仁油、パテ、そして酢と鉛を組み合わせた珍しい物質からなる新しい染料だった。学者たちは、この化合物の構造とターナーの絵画の染料を分析した。結果、染料は現代のハイテクノロジー「ハイブリッドゲル」に似ていることが分かった。

ハイブリッドゲルは、ナノ粒子や分子からなる複合材料。学者たちは最近になってハイブリッドゲルをつくる方法を身に着けた。

ゲルは、歯の詰め物や電子機器、その他のハイテク機器の基盤として使用されている。

先に、インド出身で英国在住の彫刻家アニッシュ・カプーアは英国の画家スチュアート・センプルによる、センプルが使用権を取った「最も光り輝く輝き」と「最もピンクなピンク」を、カプーアが作品で使用するのを禁止した嫌がらせに応えた

 

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала