22:50 2017年02月25日
東京+ 7°C
モスクワ-1°C

    文化

    • やっぱり世界のミヤザキ 宮崎駿監督が新作を準備
      アップデート: 2017年02月25日 07:15
      2017年02月25日 07:15

      やっぱり世界のミヤザキ 宮崎駿監督が新作を準備

      宮崎駿監督が新たなアニメーションの製作を行っている。スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが明らかにしたところによれば、絵コンテはすでに仕上がり、宮崎氏の長年の戦友である鈴木氏に見せられている。

      0 332
    • ブリヌィ
      アップデート: 2017年02月24日 20:49
      2017年02月24日 20:49

      京都で初めてのマスレニツァ

      筆者 リュドミラ サーキャン

      冬に終わりを告げる、最も派手なロシアの国民的祝祭「マスレニツァ」が2月25日、京都で初めて、京都市左京区の国際交流会館で開催される。

      11389
    • Харуки Мураками
      アップデート: 2017年02月24日 10:08
      2017年02月24日 10:08

      村上春樹さんの新作長編発売 ファンが深夜から行列

      ロシアでも人気作家、村上春樹さん(68)の新作長編小説「騎士団長殺し)が24日、発売された。東京の都心では真夜中の午前零時から販売する書店に、多くのファンが列をなした。

      0 106
    • ロシアでマースレニッツァ週間始まる
      アップデート: 2017年02月21日 10:24
      2017年02月21日 10:24

      ロシアでマースレニッツァ週間始まる

      ロシアで、復活大祭(パスハ)前のマースレニッツァ週間(バター祭)が始まった。大斎期(ベリーキイ・ポスト)は、復活大祭前の49日間の精進期だが、復活大祭が移動祭日であるため、その前のマースレニッツァ週間は、毎年時期が異なる。今年は、3月20日から26日だ。

      1432
    • ジゼル
      アップデート: 2017年02月21日 09:34
      2017年02月21日 09:34

      今年、ボリショイ・バレエを日本で観るべき3つの理由 【写真】

      筆者 徳山 あすか

      2017年、ロシアが誇る世界最高峰のバレエ団「ボリショイ・バレエ」は初の来日公演から60周年を迎える。17日、ボリショイ劇場にて記者会見が行われ、記念すべき今年の日本公演の詳細が発表された。ジャパン・アーツおよび朝日新聞社の主催で、全国5会場で15公演が予定されている。スプートニクは、本公演を見逃して欲しくない理由を、演目、キャスト、チケット価格の3点から解説する。

      12510
    • 「黄金の環」 ロシアの歴史と伝統の揺籃地へのタイムトラベル
      アップデート: 2017年02月19日 15:16
      2017年02月19日 15:16

      「黄金の環」 ロシアの歴史と伝統の揺籃地へのタイムトラベル

      皆様、「黄金の環」というロシアの歴史コースを耳にされたことはおありでしょうか。今回はこのユニークな歴史コースの歴史、観光名所、食べ物、伝統工芸についてご紹介していきたいと思います!

      2223
    • 日本 アフガニスタンから盗み出された文化財約100点を返還
      アップデート: 2017年02月17日 22:28
      2017年02月17日 22:28

      日本 アフガニスタンから盗み出された文化財約100点を返還

      日本の当局は、内戦中にアフガニスタンから流出し、外国へ持ち出されたアフガニスタンの首都カブールにある国立博物館の展示品およそ100点をアフガニスタンに返還した。博物館の事務所が通信社「スプートニク」に伝えた。

      0 1148
    • ボリショイ・バレエ団 日本でフェスティバル「ロシア・シーズン」開幕へ
      アップデート: 2017年02月17日 21:07
      2017年02月17日 21:07

      ボリショイ・バレエ団 日本でフェスティバル「ロシア・シーズン」開幕へ

      ロシア国立ボリショイ劇場バレエ団は、日本でフェスティバル「ロシア・シーズン」を開幕する。ボリショイ劇場のウリン総支配人が発表した。

      0 669
    • 日本の人口動態学的危機をもたらす「セックスレス」その解決法はいかに?
      アップデート: 2017年02月15日 09:53
      2017年02月15日 09:53

      日本のセックス事情調査:夫婦のセックスレス47%、拡大中

      結婚している16~49歳の男女のうち、1カ月間性交渉がない「セックスレス」の人の割合が過去最高の47・2%だったことが、日本家族計画協会の調査で分かった。前回平成26年調査に比べ2・6ポイント増え、調査を始めた26年からは15・3ポイントの増加だった。

      2468
    • スプートニクのフォトジャーナリスト 「ワールド・プレス・フォト」コンクールで入賞
      アップデート: 2017年02月14日 19:53
      2017年02月14日 19:53

      スプートニクのフォトジャーナリスト 「ワールド・プレス・フォト」コンクールで入賞

      世界の報道写真家らの最優秀作品を選ぶコンクール「ワールド・プレス・フォト2017」でスプートニクのヴァレリー・メリニコフ氏が出展した1枚、「ウクライナのブラックデーズ」が「ロング・ターム・プロジェクト」部門に入賞した。

      1229
    • 「北のヴェネツィア」 ロシアのサンクトペテルブルグと恋に落ちる 【写真】
      アップデート: 2017年02月13日 23:51
      2017年02月13日 23:51

      「北のヴェネツィア」 ロシアのサンクトペテルブルグと恋に落ちる 【写真】

      今回お話するのはモスクワに次ぐロシアの第2の大都市で「北の首都」と呼ばれるサンクトペテルブルク。サンクトペテルブルクの歴史、気候、観光場所、食べ物についてご紹介していただきたいと思います!

      2584
    • ロシア 「世界ラジオデー」に初参加
      アップデート: 2017年02月13日 22:08
      2017年02月13日 22:08

      ロシア 「世界ラジオデー」に初参加

      情報通信社・ラジオ「スプートニク」は2月13日、UNESCO (国際連合教育科学文化機関) が定める 「世界ラジオデー」に合わせて24時間の「ラジオマラソン」をスタートさせた。専門家やブロガーたちがラジオ放送の未来について議論をたたかわせている。

      0 96
    • White rose - Japan
      アップデート: 2017年02月13日 19:11
      2017年02月13日 19:11

      トランプ夫人 安倍夫人にロシア-ウクライナ系彫刻家制作の磁器の花束プレゼント【写真】

      金曜日、日本の安倍首相は、トランプ大統領と会談し多くの差し迫った問題を討議するため5日間の予定で、米国に到着した。

      1884
    • 世界遺産が無残... 「ダーイシュ(IS)」パルミラ破壊の証拠動画を露国防省が公開【動画】
      アップデート: 2017年02月13日 16:26
      2017年02月13日 16:26

      世界遺産が無残... 「ダーイシュ(IS)」パルミラ破壊の証拠動画を露国防省が公開 【動画】

      ロシア国防省はシリアのパルミラ遺跡を「ダーイシュ(IS、イスラム国)」が破壊したことを証明するビデオを公開した。

      2829
    • アップデート: 2017年02月13日 13:45
      2017年02月13日 13:45

      又吉氏、3月に新作発表

      作家でお笑い芸人の又吉直樹氏による新作小説「劇場」が、3月7日発売の文芸誌「新潮」4月号に掲載される。同社が13日付で発表した。又吉氏の新作小説は、芥川賞受賞作の「火花」以来、約2年ぶり。

      1107
    • アップデート: 2017年02月13日 10:00
      2017年02月13日 10:00

      グラミー賞 坂本龍一氏、不受賞 内田光子氏、2度目の栄誉

      米音楽界で栄誉の第59回グラミー賞の授賞式が12日午後(日本時間13日午前)、ロサンゼルスで行われた。英国で活躍するピアニストの内田光子氏の参加作品が、クラシック部門の最優秀ソロ・ボーカル・アルバム賞を受賞した。映画音楽部門の賞にノミネートされていた音楽家の坂本龍一氏は惜しくも受賞を逃した。時事通信が報じた。

      1399
    • アップデート: 2017年02月13日 09:15
      2017年02月13日 09:15

      34歳男性、仕事辞めアイヌの狩猟文化を現代に

      北海道平取町の門別徳司氏は2015年、10年以上続けた建設関係の仕事を辞め、狩猟の道で生きていくことを決めた。アイヌ民族の血を引いており、「アイヌはもともと狩猟民族。その文化を継承する者として、現代社会でどのような生き方ができるのか、実践してみたい」。共同通信が報じた。

      3959
    • 『たくらみと恋』
      アップデート: 2017年02月06日 19:48
      2017年02月06日 19:48

      最も美しいロシアの俳優が日本で『たくらみと恋』を演じる 【写真】

      筆者 リュドミラ サーキャン

      世田谷の劇場で日本の観客は、最も美しく、最も人気のあるロシア映画と演劇のスターを一度に3人も見ることができる。世田谷パブリックシアターが開場20周年を記念して、トップアーティストの出演する世界の有名な舞台作品を上演する。ロシアを代表するのは、サンクトペテルブルグ国立マールイ・ドラマ劇場の劇場長で芸術監督のレフ・ドージンが演出を手がけるシラーの悲劇『たくらみと恋』である。

      0 698
    • 中国で古代の「大人のオモチャ」見つかる!? 【写真】
      アップデート: 2017年02月06日 00:34
      2017年02月06日 00:34

      中国で古代の「大人のオモチャ」見つかる!? 【写真】

      中国の展示会では、考古学者らが2000年前に葬られた漢王朝時代の貴族の墓の中から発見した、男性器の形をしたユニークな2つの青銅器が紹介されている。

      24532
    • Работа японского художника Ясумасы Моримуры Внутренний диалог с Фридой Кало в Институте современного искусства в Бостоне
      アップデート: 2017年02月03日 22:33
      2017年02月03日 22:33

      モスクワで現代芸術家・森村泰昌展開幕:「見る、知る、創る」を越えて「なる」

      筆者 リュドミラ サーキャン

      1月31日、モスクワのプーシキン美術館で、日本の現代芸術家森村 泰昌(もりむらやすまさ)氏の個展が開幕した。森村氏は、あまり知られていないジャンルで活動するフォトアーチストで、セルフポートレートの手法を使い、自らの身体を使って世界的に有名な絵画や有名人などを表現する。その活動の本質は、他の作者の作品を、解釈しなおし自分の新しいオリジナルな作品を創りだす目的で、意識的に誇張して見せることにある。

      0 385