登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

福島第1原発2号機原子炉で高レベルの放射線量が測定

© AFP 2021 / HO / AIR PHOTO SERVICE福島第1原発2号機原子炉で高レベルの放射線量が測定
福島第1原発2号機原子炉で高レベルの放射線量が測定 - Sputnik 日本
フォローする
東京電力は2日、福島第1原発2号機の格納容器の内部調査で撮影した画像を解析した結果、内部の空間放射線量は推定で最大毎時530シーベルトだったと明らかにした。共同通信が報じた。

タイ軍、無人島からロシア人観光客200人追い出す - Sputnik 日本
タイ軍、無人島からロシア人観光客200人追い出す
第1原発事故で測定された最大値という。原子炉直下の鉄製足場に1メートル四方程度の穴が開いていることも判明。溶け落ちた核燃料(デブリ)で変形して脱落してできた可能性があるとの見方を示した。

東電によると、線量は、格納容器内を撮影した画像を分析した推定値。圧力容器真下のスペースへの入り口付近で毎時20シーベルト、圧力容器真下の空間の手前約2メートルの位置で、毎時530シーベルトだった。これまで測定された最大値は2号機内部の毎時73シーベルトだった。

これより前に伝えられたところでは、東京電力が福島第1原発2号機で実施したカメラ調査の映像を解析した結果、圧力容器真下の足場に直径約2メートルの大きな穴があることが2日、分かった。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала