インド海軍 艦隊最古の空母「ヴィラート」を今年除籍へ

© REUTERS / Toru Hanaiインド海軍 艦隊最古の空母「ヴィラート」を今年除籍へ
インド海軍 艦隊最古の空母「ヴィラート」を今年除籍へ - Sputnik 日本
インドは海軍最古参の空母「ヴィラート」を今年3月6日にも除籍させる。16日、ロシアの「レンタ・ル」通信がインドの英字新聞「ヒンドゥスタン・タイムズ(Hindustan Times)」の記事を引用して報じた。

中国 すべての外国潜水艦に海上航行を義務付け - Sputnik 日本
中国 すべての外国潜水艦に海上航行を義務付け
ヒンドゥスタン・タイムズ紙がインドの軍事省庁内にもつ消息筋によれば、退役式にはインドのマノハール・パリカール国防相も列席する。消息筋によれば、「ヴィラート」の今後の行き先は現時点では決定されていないが、これについてはアーンドラ・プラデーシュ州の代表らから関心が示されている。

「ヴィラート」はもともと1944年に造船された英海軍のセントー級航空母艦の「ハーミーズ」を購入し、改装して再就役させたもの。1945年には造船は一時中止されたものの、1950年代には再開。本国英国では「ハーミーズ」の名称で1959年に就役している。

「ハーミーズ」は1982年のフォークランド紛争にも参加し、1985年に除籍。その後インドへと売却され、名称を「ヴィラート」と変えた。「ヴィラート」は現時点では就役中の同等の級の戦艦のなかでは最古参。

満載排水量は2万8700トン。最大速力は28ノット。垂直離陸が可能なシーハリアー16機と対潜水艦ヘリ、多目的ヘリを搭載。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала