ビル・ゲイツ氏 ロボットが税金を支払うことを望む?

© AFP 2022 / Saul Loevビル・ゲイツ氏
ビル・ゲイツ氏 - Sputnik 日本
マイクロソフトの創業者で大富豪のビル・ゲイツ氏は米Quartzのインタビューで、人間の代わりに働くロボットに課税することを提案した。

人口知能がガンを治すように、日本 - Sputnik 日本
人口知能がガンを治すように、日本
ゲイツ氏は、「現在仮に工場労働者が5万ドルを受け取っているとしたら、彼の収入は課税される。もしこの仕事をロボットが行ったら、我々はロボットの仕事にも同等の税金を課すことを考えることができるはずだ」との見方を示した。

ゲイツ氏によると、政府はほぼ同時に多くのビジネス分野での雇用がロボットに置き換えられることに向けて準備する必要がある。

ゲイツ氏は、税務政策は同プロセスを抑制するための最善の方法だと考えている。

同氏はまた、ロボットに課された税金を貧しい人や仕事を失った人、障害を持つ子供への支援のために使う必要があるとの見方を示した。

それより前に中国・河南省の駅にパトロールロボットが登場したと報じられた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала