日本はまだ第2次世界大戦の結果を一義的に認める準備ができていない=ラブロフ外相

© Sputnik / Maksim Blinov / フォトバンクに移行日本はまだ第2次世界大戦の結果を一義的に認める準備ができていない=ラブロフ外相
日本はまだ第2次世界大戦の結果を一義的に認める準備ができていない=ラブロフ外相 - Sputnik 日本
ラブロフ外相は、日本政府が露日平和条約締結に関する交渉の一環で、第2次世界大戦の結果を一義的に認める必要があると述べた。

スプートニク日本

露日 27日に租税条約の改正交渉へ - Sputnik 日本
露日 27日に租税条約の改正交渉へ
ラブロフ外相は露週刊誌『論拠と事実』のインタビューで、「平和条約の交渉の一環で日本は、すでに70年以上現代の世界秩序の基になっている第2次世界大戦の結果を一義的に認める必要があることに、しっかりと準拠しよう。日本にその準備がない間は」と述べた。

ラブロフ外相はさらに、南クリル諸島(北方四島)における共同経済活動の実施を話し合う外務次官級協議の開始についての露日首脳による合意に、ロシア政府が大きな意義を与えていると指摘。しかし、これらプロジェクト実施の法的枠組みはロシアの法律と矛盾してはならないと強調した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала