登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ルペン氏を知る日本人「国民戦線は国民政党に脱皮した」

© REUTERS / Benoit Tessierルペン氏を知る日本人「国民戦線は国民政党に脱皮した」
ルペン氏を知る日本人「国民戦線は国民政党に脱皮した」 - Sputnik 日本
フォローする
23日、フランス大統領選挙の第1回投票が終了し、超党派の市民運動「前進」を率いるエマニュエル・マクロン前経済相と、「国民戦線」のマリーヌ・ルペン党首が決選投票に進出することになった。

フランス「国民戦線」党リーダーのマリーヌ・ル・ペン氏 - Sputnik 日本
ルペン氏、マクロン氏を「弱虫」と呼ぶ
スプートニク日本

クリミア・ヤルタでの経済フォーラム出席のためロシアを訪れていた一水会の木村三浩代表はスプートニク記者のインタビューに応じた。一水会は国民戦線と長年友好関係にあり、木村氏とマリーヌ・ルペン氏は2003年から親交がある。

木村氏はこの二人の決選投票進出は予想されていたことだっと述べ、「国民戦線はメディアでは極右と言われているが、共産党や社会党のメンバーも国民戦線に合流し、国民政党としての支持が広がっている」との見解を示した。

木村氏「国民戦線が国民政党に脱皮したのは、現在の政治状況と、ルペン氏のカリスマ性によるものです。優秀なスタッフにも恵まれ、大統領選では144項目の公約を掲げています。今のフランスは『フランスではない状況』が風景として目に見えてしまっています。フランスは自由、平等、博愛の国ですが、それを逆手にとって、今までフランスの発展に尽くしてこなかった人がその恩恵だけを享受しようとしているわけです。ルペン氏は難民を排斥しようとしているのではありません。年間一万人の政治難民を受け入れようというのが彼女の政策であり、フランスにいるのならばフランスに貢献してほしい、と主張しているのです。私はルペン氏の立場が理解できます」。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала