登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米 ウクライナへの資金援助を大幅削減の意向

© Sputnik / Alexandr Demyanchuk米 ウクライナへの資金援助を激減の意向
米 ウクライナへの資金援助を激減の意向 - Sputnik 日本
フォローする
トランプ政権はウクライナを含む途上国への対外援助を大幅に削減する方向だ。米誌『Foreign Policy』が予算教書と、状況に詳しい情報源を基に報じた。

ドンバスの接触ライン近くでOSCE使節団の自動車が爆発 - Sputnik 日本
ドンバスの接触ライン近くでOSCE使節団の自動車が爆発
スプートニク日本

15ページの予算教書には、予算見直しの一環で予算の再配分を予定しており、対外援助の大幅な削減と、国家安全保障に関連したプログラムの資金増大につながるだろうとある。米国政府はウクライナ政府への資金援助を5億7100万ドル(約627億4,725万)から、1億7800万ドル(約195億6,043万)に削減すると見られている。

さらに、行政府機構の最適化の一環で、アメリカ合衆国国際開発庁(USAID)を国務省に統合して廃止する予定だ。一連の米政治家はこのような決定の危険性を警告しているが、ロシア上院はすでに、米国がウクライナに「明らかな信号」を送っていると発表した。

急激な途上国への対外援助削減は、トランプ大統領の打ち出した「アメリカ・ファースト」に則したもので、国家安全保障問題と直結している。対外援助削減は、2017年10月1日開始の2018年度予算で行われる予定。この措置は3月のトランプ政権の予算案にあった。

先の報道によると、ロシアのラブロフ外相とモゲリーニEU外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長の会談が、モスクワで行われる

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала