登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

NASA予算削減が作業に与える影響は?

© © Photo: Flickr.com/Nils Merker/cc-by-ncNASA予算削減が作業に与える影響は?
NASA予算削減が作業に与える影響は? - Sputnik 日本
フォローする
NASAの2018年度予算は5億8000万ドルカットされ、史上最低の予算額だった今年度の196億ドルをさらに下回り、191億ドルになる可能性がでてきた。だが予算カットはNASAの作業にはほとんど影響を与えない。インターネットポーター「スペースニュース」が報じた。

人類は地球外生命体発見の境界線上に=NASA - Sputnik 日本
人類は地球外生命体発見の境界線上に=NASA
スプートニク日本

「スペースニュース」の報道によれば、先週末、インターネット上にNASAの2018年度予算が漏洩。2018年度予算では多くの組織の財政が削られており、NASAも5億8000万ドルのカットで2016年のレベルにまで落ち込むことになっている。

中でも最も大きな削減を蒙るのはNASAの教育プログラム、重量型ロケットSLSおよび宇宙船オリオンの建設費用、気候プログラム。

これらのプログラムはおよそ6000万ドルと資金の60%ほどがカットされ、火星に関するプロジェクトもおよそ3億8000万ドルの削減を蒙る。

一番難を逃れるのは科学プログラムでカット額はわずか5300万ドルで57億1千万ドルは確保できる。

科学部門の予算で最も深刻な削減を要されるのは気候に関する調査の予算で1億2100万ドルと予算のほぼ10%。一方で惑星科学調査は今年よりも5400万ドル多い、史上最大の19億ドルを確保している。

先の報道によると、米航空宇宙局(NASA)の広報担当は、高い費用と、開発時の予期せず困難のため、宇宙船「オリオン」が発射を延期したと発表

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала