登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

セルフィーの死亡率、サメによる死亡率を上回る 統計

フォローする
今年2017年、セルフィーの際の不注意で少なくとも29人が死亡しており、サメに襲われて死亡した人の約5倍となっている。

心理学者:実はあなたのセルフィーを気に入っている人は誰もいない - Sputnik 日本
心理学者:実はあなたのセルフィーを気に入っている人は誰もいない
スプートニク日本

ピッツバーグにあるカーネギー・メロン大学の調査データによると、セルフィーの死亡事故は年々増えている。2014年の死者は全世界で15人、2015年は39人、2016年は1月から8月までに73人が死亡した。

セルフィー中に列車が近づいていることに気づかなかったり、窓からの転落などが主な原因となっている。またタワークレーンの上など、過激なセルフィーが増えているという。最も多いけがは、手首の骨折。セルフィーをしている最中に段差に気付かず、転んだ時に電話を守ろうとして手首を骨折するケースが多いという。

なお統計によると、セルフィーの際の不注意が最も多いのはインドの住民で、インドでは毎月のようにセルフィーによる事故のニュースが報じられている。

この前、メキシコの町チニパスで、滑走路で自撮りを試みた2人の女性が死亡したとサイト「El Heraldo de Chihuahua」が報じた。

また、アメリカの心理学者らは、セルフィーの愛好者はセックスの不足に悩んでいると明らかににした

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала