登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米 防衛の中枢を担う新空母が就役へ【写真】

© 写真 : Public domain米 防衛の中枢を担う新空母が就役へ【写真】
米 防衛の中枢を担う新空母が就役へ【写真】 - Sputnik 日本
フォローする
22日、米バージニア州ノーフォークの基地米海軍の最新鋭原子力空母ジェラルド・フォードの就役式が行われる。共同通信が報じた。

スプートニク日本

フォード級の1番艦で、1975年就役のニミッツ以来42年ぶりの新型米空母。トランプ氏は今年3月、ジェラルド・フォードについて米国の防衛力の中核を担うと定義づけしていた。ジェラルド・フォード艦の就任で米空母の数は11隻となる。トランプ氏は12隻にする方針。

​フォード級は、新設計の原子炉を搭載し発電力を強化。ニミッツ級より多くの航空機や武器を搭載できる

先の報道によると、ロシア海軍が保有する唯一の空母「アドミラル・クズネツォフ」の近代化に関する作業が来年2018年に始まる。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала