新iPhoneの主な欠陥

© Fotolia / Armada1985新iPhoneの主な欠陥
新iPhoneの主な欠陥 - Sputnik 日本
iPhone 7sは、iPhone 7よりも高く、幅が広く、厚くなる可能性がある。そのため昨年発売されたiPhone 7用のアクセサリは新型iPhoneでは使用できないかもしれない。Giga Appleが、匿名の情報筋の話として伝えた。

スプートニク日本

iPhoneのさらなる秘密のアビリティーが明るみに - Sputnik 日本
iPhoneのさらなる秘密のアビリティーが明るみに【写真・動画】
iPhone 7sの高さ、幅、厚さは、138.44 ×67.27 ×7.21 mm。前モデルは、それぞれ平均0.1㎜小さい138.31 ×67.14 ×7.1 mmだった。

毎日使用する場合はこの差が気になることはないが、iPhone 7用のフィットするカバーはiPhone 7sに使用できない可能性がある。

情報筋によると、ボディがアルミニウム製ではなくガラス製になるためサイズが大きくなるという。噂によると、新型iPhoneにはワイヤレス充電機能が搭載され、これも設計が変わる原因の一つになるという。

iPhone 8は、毎年恒例となっている秋のプレゼンテーションで発表される見込み。噂によると、iPhone 8はベゼルレスディスプレイを採用し、その上部の会話用スピーカー、センサー、カメラの下には穴が開けられる。また指紋認証から顔認証に置き換えられるという。

先に新型アイフォン全種類の写真が公開された

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала