登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロシアスポーツ相「世界体操でロシア代表は好成績」

© Sputnik / Alexey Filippov体操
体操 - Sputnik 日本
フォローする
2017年の体操の世界選手権に出場したロシア代表について、見事な成績を収めたとの見解をロシアのパーヴェル・コロプコフ・スポーツ相が示した。

スプートニク日本

同選手権はカナダのモントリオールで開催され、8日に閉幕した。国別のメダル獲得数でロシアは3位となった。メダルを獲得したのは女子がマリア・パシェカ(跳馬で金)、エレーナ・エレミナ(段違い平行棒で銀、個人総合で銅)、男子がダビド・ベルヤフスキー(あん馬で銀、平行棒で銅)、デニス・アブリャジン(つり輪で銀)。

シャラポワは2020年東京オリンピックに出場するのか? - Sputnik 日本
シャラポワは2020年東京オリンピックに出場するのか?
コロプコフ氏は、「ロシア連邦スポーツ省を代表して、また私個人として、世界選手権での立派な成績に対して代表チームに祝意を述べる。金メダル1つ、銀メダル3つ、銅メダル2つ、そして国別メダル獲得数3位は優れた成績だ」と語った。

国別のメダル獲得数で1位となったのは中国(金3、銀1、銅2)、2位は日本(金3、銀0、銅1)だった。

今大会、日本代表は男子個人総合7連覇を目指した内村航平が予選で負傷し途中棄権したものの、同じく男子個人総合で白井健三が銅メダルを獲得。さらに白井選手は床運動、跳馬で2冠を達成した。女子では村上茉愛が床運動で優勝。同種目での金メダルは日本勢初。

関連ニュース

ロシア、MMA世界選手権で金メダル7つを獲得

女子テニス ハレプ世界ランク1位 シャラポワは?

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала