グーグル、露通信監督庁に説明 RTやスプートニクへの措置について

© AFP 2022 / LOIC VENANCEグーグル
グーグル - Sputnik 日本
グーグルはロシア連邦通信情報技術マスコミ監督庁からスプートニクやRTの記事格付け計画について照会を受け、回答した。同庁サイトで発表があった。

スプートニク日本

グーグルのパブリック・ポリシー担当副社長、ニクラス・ルンドブラッド氏は「シュミット氏は検索の質向上に向けたグーグルの絶え間ない企業努力を意味していた。私たちが個々のサイトの再検討のために検索アルゴリズムを変更することはない」と述べた。

RTアメリカ - Sputnik 日本
RTアメリカ、外国のエージェントとして登録
同庁は同社の返答を肯定的に受け止め、ロシアのリソースのニュース配信における変更をまもなくチェックしはじめる予定だ。

これに先立ちグーグルの親会社アルファベット社のエリック・シュミット会長は、検索結果でRTとスプートニクの記事の順位を下げる特別なアルゴリズムを開発することに意欲を見せた。

関連ニュース

TwitterのRTとスプートニクに対する決定にロシアは報復 露外務省

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала