落下する人工衛星「メテオール-M」とみられるものが撮影される【動画】

© Sputnik / Ramil Sitdikov / フォトバンクに移行ロケット「ソユーズ2.16」
ロケット「ソユーズ2.16」 - Sputnik 日本
ロシアの気象観測衛星「メテオール-M」が落下する様子を捉えたとみられる動画がネット上で公開された。ロシアのマスコミが報じた。

スプートニク日本

ヴォストーチヌイ基地から打ち上げの気象衛星 軌道投下に失敗 - Sputnik 日本
ヴォストーチヌイ基地から打ち上げの気象衛星 軌道投下に失敗
動画を公開したのはツイッター利用者。

同ユーザーは「モントリオールから戻ったある友人がこの動画を私に送ってきた。ロシアの人工衛星は軌道への投入が失敗した後、通信不能となった。地球の大気圏に突入して燃えているのはこの人工衛星の可能性がある」と伝えた。

動画では、複数の物体が大気中で燃えているのがわかる。なお、この動画に映っているのがロシアの人工衛星であるという公式的な確認はない。

​先の報道によると、ロシアのロケット「ソユーズ2.16」はモスクワ時間8時41分(日本時間14時41分)、水理気象衛星「メテオール-M」を乗せ、宇宙船打ち上げ基地「ヴォストーチヌイ」から発射された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала