登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

中国、ラッパーのテレビ出演禁止

© AFP 2021Китайский рэппер PG One
Китайский рэппер PG One - Sputnik 日本
フォローする
国家新聞出版広電総局は、ラッパーやタトゥーをしている人が出演する番組の放送を禁止した。Timeが、中国の新聞Sinaの情報を引用して伝えた。

スプートニク日本

広電総局は、ヒップホップは「退廃的な文化」であり、中国共産党の「道徳を反映していない」と主張している。なおラッパーだけでなく、その他の「野暮で、下品で、卑猥」なミュージシャンや、「道徳的責任に問題がある」有名人のテレビ出演が禁止された。

今回の広電総局の決定の引き金となったのは、中国のラッパー、PG Oneをめぐるスキャンダル。PG Oneの楽曲の歌詞に薬物のプロパガンダや女性を侮辱する表現が見つかった。その後、テレビ会社は理由を説明せずに他のラッパーたちを人気番組から降板させ、SNSには批判のコメントがあふれた。あるユーザーは「彼らは中国のヒップホップアーティストに生き残るチャンスを与えたくないんだ!僕たちは古代に戻ってしまう」と書き込んだ。

関連記事

「マルクス・レーニン主義を信じず、精霊や神を信じるものがいる」 中国党員の誤った信念に非難

中国でカトリック教会破壊 今月2度め

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала