ロシアで同性結婚が認められるミス

© Depositphotos / Ivonnewierinkロシアで同性結婚が認められるミス
ロシアで同性結婚が認められるミス - Sputnik 日本
ロシアの報道機関は1月中旬、モスクワの多機能国家サービスセンターが男性同士の結婚を認めたと報じた。エブゲニー・ボイツェホフスキーさんとパーベル・ストツコさんは1月4日、デンマーク首都コペンハーゲンで結婚した。

スプートニク日本
同センターは結婚証明書など書類作成分野を中心に様々なサービスを提供した。彼らが述べるところ、2人がセンターに向うと、職員がパスポートにスタンプを押し、婚姻が認められた。

ロシアで同性結婚は認められないため、この報道は大きな反響と多くの議論を引き起こした。ロシア法の抜け道の存在を伝えた弁護士もいる。それによると、ロシアで同性カップルが婚姻関係を結ぶことは禁止されているが、他方では国外で結ばれた婚姻は認める義務がある。

豪議会 同性婚を合法化 - Sputnik 日本
豪議会 同性婚を合法化
しかし、ロシア人権オンブズマンは同法のこうした二重解釈の可能性を退け、ロシア家族法が結婚を男女間の法的行為だとはっきり定義しており、ロシア法の観点からは別様に検討することは不可能だと発表した。

ロシア内務省の広報担当官イリーナ・ボルク氏は26日、婚姻登録のスタンプが押されたパスポートは無効にされ、ミスを犯した職員は解雇されると明らかにした。ロシア移民局のモスクワ総局が後にRIAノーボスチに伝えたところ、2人の男性は意図的にパスポートを損壊した疑いで行政事件の被告人になった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала