登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

マスタード由来のバイオ燃料で飛行機が米―豪間初フライト

© AFP 2021 / William WestСамолет Boeing 747 компании Qantas
Самолет Boeing 747 компании Qantas - Sputnik 日本
フォローする
マスタードオイルを部分的に用いた混合燃料で米―豪間の初フライトが行われた。英紙ガーディアンが報じた。

スプートニク日本

豪カンタス航空のボーイング787-9ドリームライナーは米ロサンゼルスから豪メルボルンまで15時間のフライトを行った。フライトにはバイオ燃料が用いられた。通常の燃料に10%、マスタード種子から取られた油が混ぜられた。これにより、CO2排出量の7%削減に成功した。

VietJet calendar - Sputnik 日本
ベトジェット航空の客室乗務員らが、サッカー・ベトナム代表のためにビキニショー【写真・動画】
カンタス航空によると、バイオ燃料は一切危険ではない。

カンタス航空のアリソン・ウェブスターCEOは「これは私たちにとって全く通常のフライトだ」と述べた。

カンタス航空は、バイオ燃料を使用することでCO2排出量を80%削減することが可能だと明らかにした。

以前、ロンドン交通局はコーヒーかす由来の燃料を混ぜた燃料でロンドンのバスが走る計画を明らかにした。

関連ニュース

食品廃棄物をバイオ燃料にする新たな方法が考案される

アマゾン シアトルに熱帯雨林を再現した新オフィスを開設【写真】

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала