登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ペテルブルクのアザラシ「クロシク」 人間から離れたくない

フォローする
2016年、漁師たちがワモンアザラシの子供を救出した。このアザラシは自分で餌をとることができず、母親の姿も近くには見えなかった。そこで漁師たちはこのアザラシを「クロシク」と名づけ、サンクトペテルブルクにある野生復帰専門のセンターに引き渡した。

クロシクが住んでいる野生復帰センターのビャチェスラフ・アレクセエフ所長は、人間から離れることをクロシクが長い間拒み続けていると語る。数回にわたってラドガ湖に放したものの、いつもある程度時間がたつとクロシクは結局帰ってきた。どうやら、クロシクは人間と遊ぶのが気に入ったらしい。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала