登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

手品師28年目にしてうさぎアレルギーと発覚した英男性

© Fotolia / Arefin03手品師28年目にしてうさぎアレルギーと発覚した英男性
手品師28年目にしてうさぎアレルギーと発覚した英男性 - Sputnik 日本
フォローする
英国に住む手品師のイアン・レグさん(47)は1990年から健康問題を抱えながらうさぎとともに働いていた。だが今になって、喉のかゆみと呼吸困難の原因はうさぎアレルギーによるものだと気づいた。

スプートニク日本

イアンさんは90年にベスとティブルスを飼いはじめ、手品の技術を習得し始めた。英紙デイリー・メールが報じた。

Детеныш очкового лангура, родившийся у пары приматов в Новосибирском зоопарке - Sputnik 日本
思わず爆笑 こんなのないでしょう?!のペットの寝姿が大集合【写真】
妻のスーさんと息子のダニエルさんはイアンさんの選択を支えた。イアンさんは技術の高い明るいマジック・マスターとして知られ、すべての子供に愛されている。うさぎを使ったマジックなしで終わった祝日はなく、イアンさんが喉のかゆみと呼吸困難なしで終わる祝日もなかった…。

イアンさんは「全ては、28年前にキャリアをスタートした時から始まりました。帽子からうさぎを引っ張り出すと毎回かゆみ、せき、涙が出ました」と語る。

イアンさんは様々な薬を試したが、効いたものはなかった。彼は花粉症だと考え、荷解きのあとに顔を拭くためティッシュを持ち運ぶようになった。

28年後になってようやく、アレルギー源は誇りではなく、ふわふわの仕事仲間だとイアンさんは認識。そうしてイアンさんは難しい決定をした。28年のキャリアに幕を下ろしたのだ。うさぎたちは他の人々に譲渡せざるを得なかった。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала