登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

東京地検、大手4社を起訴 リニア談合

フォローする
公正取引委員会は23日、リニア中央新幹線の工事を巡る談合で大手ゼネコン4社と2人を独占禁止法違反の疑いで検事総長に刑事告発した。東京地検は告発を受け、4社と2人を起訴した。日経新聞が報じた。

スプートニク日本

告発によると、2014年4月下旬から15年8月下旬、大林組、鹿島、清水建設、大成建設の担当者はJR東海が発注した駅の新設工事の受注者を事前に決めた疑いがある。

Cocaína encontrada en el edificio de la embajada rusa en Buenos Aires, Argentina - Sputnik 日本
露大使館とコカイン 露外務省がスキャンダルをめぐるデマを払拭
うち大林組と清水建設は不正を申告し、担当者が捜査に協力したため起訴は見送られたが、鹿島、大成建設の担当者は起訴される。

時事通信が関係者の話として伝えるところ、大林組と清水建設は起訴内容を認めている。

有罪が確定した場合、個人は5年以下の懲役または500万円以下の罰金、法人では5億円以下の罰金が課される。

関連ニュース

「森友学園問題」 決済文書書き換えを麻生大臣が認める 佐川長官の答弁つじつま合わせ

フェイスブックの株主、個人情報漏えい問題で訴訟を起こす

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала