IOC、2026年五輪開催立候補7カ国を発表

© AFP 2022 / Fabrice CoffriniСкульптура перед штаб-квартирой Международного олимпийского комитета в Лозанне
Скульптура перед штаб-квартирой Международного олимпийского комитета в Лозанне - Sputnik 日本
国際オリンピック委員会(IOC)が、2026年の冬季五輪・パラリンピック大会を自国で受け入れる意思を公式に確認した7カ国の五輪委員会のリストを公表した。リストはIOCのウェブサイトに掲載されている。

スプートニク日本

オーストリアが五輪開催に向けた候補としてグラーツ市を推薦、カナダがカルガリー、日本が札幌、スウェーデンがストックホルム、スイスがシオン、トルコがエルズルムを推薦している。イタリアは大会を、コルティナダンペッツォ、ミラノ、あるいはトリノで開催することを提案している。

五輪8回優勝のバイアスロン選手、ビョルンダーレン選手が現役引退 - Sputnik 日本
五輪8回優勝のバイアスロン選手、ビョルンダーレン選手が現役引退
2026年五輪の開催地選びは初めて、118件の改革から成るIOCのプロジェクト「新基準」に従って行われる。改革の大部分は、五輪開催の最適化と、都市や地域、国の長期的発展に向けた狙いを持って五輪開催の支援を開催地に対して行うことを使命としている。

2026年の冬季五輪・パラリンピック大会が行われる都市は、2019年9月のIOCの会議で選ばれる。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала