モスクワ 100万ルーブルのユーロ交換時にいたずら用偽札が使用

100万ルーブルでユーロを購入しようとしていたモスクワ在住の女性に対し、外貨交換所でいたずら用の偽札をつかませられる事件が発生していた。内務省モスクワ支部報道部がスプートニクに対して明らかにした。

スプートニク日本

内務省によると、交換所従業員の上司を名乗る男に、52歳の女性がパスポートとお金を手渡した後、女性に札束が渡された。

ビットコイン - Sputnik 日本
カフェでビットコインを購入しようとした男性、大金を失う
女性は既に外に出た後に、札束の中にお金の代わりにいたずら用の偽札が入っていることを発見した。

警察は「多額の詐欺」の条文で刑事事件として立件した。

金銭的な損失は100万ルーブルと評価されている。容疑者には最長6年の自由剥奪刑が適用される可能性がある。

関連ニュース

偽イーロン・マスク、1晩で50万円相当の仮想通貨をだまし取る

「格安」ビットコインを購入したロシア男性が300万円を失う

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала