ギネスの世界最高齢者よりさらに年上が2人もロシアに

© Sputnik / Sayid Tsarnaev / フォトバンクに移行アッパズ・イリエフさん
アッパズ・イリエフさん - Sputnik 日本
ロシアに日本の最高齢者を上回る男女が2人もいたことが明らかになった。ふたりの最高齢者が居住するカバルダ・バルカル共和国とイングーシ共和国の両政府が発表した。これらの男性は前日、4月10日、ギネスブックへ世界最高齢者として登録されたばかりの日本人男性、野中正造さんよりはるかに年上だった。

スプートニク日本

10日、世界最高齢者としてギネス入りした北海道足寄町の野中正道さんは112歳と259日。

ところがイングーシ共和国の首長の広報部によれば、同共和国の山岳部の村には3月1日に122歳になったばかりのアッパズ・イリエフさんという男性が健在だった。野中さんより10歳も年上のイリエフさんには子ども8人、孫33人、ひ孫が34人もいる。

女性の世界最長寿 117歳のジャマイカ人 - Sputnik 日本
女性の世界最長寿 117歳のジャマイカ人が死去【写真】
イングーシ共和国ではすでにイリエフさんのギネスブック登録のための必要書類を整える作業グループが作られており、すでに提出する運びになっていた。

もうひとりの女性最高齢者が暮らすカバルダ・バルカル共和国も、ナヌ・シャオヴァさん、127歳が健在なことを明らかにしている。

関連ニュース

世界最高齢の男性が死去

欧州一の富豪が発表

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала