安倍首相、「軍国」神社に奉納 韓国外務省が遺憾の意

安倍首相が靖国神社に真榊(まさかき)を奉納し、議員が神社を訪問したことを受け、韓国外務省が遺憾の意を表した。靖国神社はアジア諸国で日本の軍国主義と連想される。

スプートニク日本

21日に始まった3日間の春季例大祭に合わせ、安倍首相は真榊を奉納。真榊とは、神道では神聖な木と見なされているサカキという木で、装飾されることもある。

韓国外務省は「政府は、日本政府の代表者もしくは議員が再び、日本の植民地侵略と戦争の歴史を褒め称える靖国神社を参拝したことに対し、深刻な懸念と遺憾の意を表する」と発表した。

同省はさらに、日本に「近隣諸国と国際社会の信頼を勝ち取るよう努力する」よう呼びかけた。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала