南海トラフ地震、被害1410兆円=土木学会

CC BY-SA 3.0 / ペ有家音 / 島根県浜田市で撮影Вид на Японское море
Вид на Японское море - Sputnik 日本
南海トラフ巨大地震が起きた場合、1410兆円に上る20年間の経済被害をもたらすとの推計を、日本の土木学会が発表した。日本の各紙が報じた。

スプートニク日本

建築物や工場への被害で170兆円失われ、道路などインフラへの被害と工場のダメージによる生産活動の低下により、1240兆円の経済損失が算出される。

20年という期間は、阪神大震災の際に経済被害からほぼ復興できた期間を参考にして出されたもの。

被害額は今年度の国の一般会計予算の約14倍に上る。だが土木学会は、建物の耐震化や道路整備などによって被害額を4割程度減らすことが可能だと提言している。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала