中国通信衛星 世界で初めて月の裏側の軌道に投入

© REUTERS / NASA中国通信衛星 世界で初めて月の裏側の軌道に投入
中国通信衛星 世界で初めて月の裏側の軌道に投入 - Sputnik 日本
中国の通信衛星「鵲橋」は6月14日、月の裏側のラグランジュ点L2に到達した。これにより「鵲橋」は世界で初めてラグランジュ点(L1, L2, L3)の周りを周回するハロー軌道にでた人工衛星となった。中国国家航天局が発表した。

スプートニク日本

スペースX社の月周回旅行用の宇宙船、7月にも試験開始へ - Sputnik 日本
スペースX社の月周回旅行用の宇宙船、7月にも試験開始へ
現地時間11時、北京航天飛行制御センターから「鵲橋」に対してラグランジュ点に到達するよう指令が送られ、その6分後、「鵲橋」は正確に指令を遂行し、L2に出た。

中国は2018年後半に、世界で初めて月の裏側に軟着陸する探査機「嫦娥4号」の打ち上げを目指している。「鵲橋」は地球への直接的な交信が不可能な環境で、「嫦娥4号」からのシグナルを地球へ送る役目を果たす。

関連ニュース

ロシア人宇宙飛行士が、月の入りを撮影

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала