登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

大坂なおみ選手のセリーナ・ウィリアムズ選手に対する勝利にスキャンダルが水を差す【動画】

フォローする
テニスの全米オープン女子シングルス決勝で、日本の大坂なおみ選手が米国のセリーナ・ウィリアムズ選手と対戦し、6-2、6-4のストレート勝ちを収め、優勝した。

スプートニク日本

だが注目を浴びたのは大阪選手の優勝ではなく、審判に暴言を浴びせたS・ウィリアムズ選手のヒステリーだった。

S・ウィリアムズ選手は第2セットにコーチからの指導、ラケットの破壊、主審への暴言の3度の規則違反でペナルティを科された。

テニス女王のセリーナ・ウイリアムズ選手 - Sputnik 日本
セリーナ・ウィリアムズが壊滅的敗北
S・ウィリアムズ選手は人種差別で審判を非難し、暴言を吐いた。

なお大坂選手は、S・ウィリアムズ選手に憧れていることに変わりはないという。

大阪選手は、コートに入ったらS・ウィリアムズ選手のファンではなく、ただのテニス選手になるが、試合後にS・ウィリアムズ選手とハグした時には、同選手に憧れていた子供の頃の気持ちになったと語った。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала