米国、イランとの友好経済関係領事権条約から離脱へーポンペオ国務長官

© REUTERS / Carlos Barria Флаги США и Ирана в Вене
Флаги США и Ирана в Вене - Sputnik 日本
ポンペオ米国務長官は記者会見で、米国は1955年にイランと締結した友好経済関係領事権条約の効力を停止すると発表した。

スプートニク日本

ポンペオ国務長官は「イランは、米国の国家安全保障を保護するために必要な法的措置の適用に関する米国の主権に干渉しようとしている。イランは国際刑事裁判所(ICC)を、政治および宣伝目的で悪用している」との考えを表した。

国際司法裁判所は3日、米国による対イラン制裁再開に関する米国へのイランの訴訟を部分的に認める予備的判決を承認した。

イランは、米国が友好条約に違反していると主張した。

関連ニュース

国際原油価格は上昇を維持 イラン制裁で不足への懸念から

米国、EUに米国の対イラン制裁を迂回させないと強調

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала