登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

米兵のほぼ半数、戦争が近いと確信 ミリタリー・タイムズ紙

© 写真 : US Army / Markus RauchenbergerUS soldiers conduct reconnaissance training at the 7th Army Joint Multinational Training Command's Grafenwoehr Training Area, Germany, Oct. 8, 2013
US soldiers conduct reconnaissance training at the 7th Army Joint Multinational Training Command's Grafenwoehr Training Area, Germany, Oct. 8, 2013 - Sputnik 日本
フォローする
近いうちに米国が大規模な戦争に参戦するだろうと米兵らが予想していると、現役兵士を対象とした匿名のアンケート調査をもとにミリタリー・タイムズ紙が伝えた。

スプートニク日本

調査に参加した兵士のうち46%が、今後1年以内に米国が新たな戦争に引きずり込まれると予想していると述べ、半数(50%)はそのような事態が非現実的であると考え、残りの4%は自分の意見を確定させなかった。1年前は、戦争を予想していたのは5%で、3分の2(67%)は予想しておらず、4分の1超(28%)が答えに窮していた。

また、ミリタリー・タイムズ紙によると、米国の国家安全保障に対する主要な脅威であると兵士らが判断したのは、サイバーテロ(89%)だった。脅威リストの中で後に続いたのは、ロシア(71%)や中国(69%)、様々なテロリスト(48~57%)、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮、46%)、イラン(40%)、「白人ナショナリスト」(35%)だった。

関連記事

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала