日米が対中国共同作戦を初策定 尖閣有事想定、新任務も

日米両政府が2015年改定の日米防衛協力指針(ガイドライン)に基づき、自衛隊と米軍による初の対中国共同作戦計画の策定作業を進めていることが3日、分かった。沖縄県・尖閣諸島での有事を想定し、来年3月までの取りまとめを目指すが、計画内容に関する調整が難航する可能性もある。複数の政府関係者が明らかにした。16年3月に施行した安全保障関連法の新任務も盛り込むとみられる。軍拡を続ける中国に対抗し、一体化を加速させる日米の実態が一層鮮明になった。

スプートニク日本

日米は米国の対日防衛義務を定めた日米安保条約第5条の尖閣諸島への適用を確認している。

(c)KYODONEWS

関連ニュース

中国、貿易問題で米と協議に意欲

トランプ氏、中国との「非常に公平な合意」を望む

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала