カムチャッカ・シヴェルチ火山の噴煙 7000メートルまで

9日、ロシア極東カムチャッカ半島にある活火山、シヴェルチ山が噴火し、火山灰を海面から7000メートルの高さまで噴き上げた。ロシア科学アカデミー地球物理学局カムチャッカ部が発表した。

スプートニク日本

噴煙は火山から北東方向に流れたという。

シヴェルチ火山の航空危険コードは最高から1段階低い「オレンジ」に表示された。

火山関連ニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала