国際有志連合、シリア東部デリゾールへの攻撃で白リン弾を使用

© Sputnik / Mikhail Alaeddin / フォトバンクに移行シリア東部デリゾール 【資料写真】
シリア東部デリゾール 【資料写真】 - Sputnik 日本
シリアの国営テレビは、国際有志連合が、国際条約で禁止されている白リン弾を使用してシリア東部デリゾール県ハジンを攻撃したと報じた。

スプートニク日本

国営テレビ局イフバリヤは「デリゾール東部ハジンに対する国際有志連合の白リン弾を使用した空爆で民間人が死亡、負傷者も出ている」と報じた。

なお、正確な死傷者数は伝えられていない。

国際有志連合は、デリゾールのハジンや近隣の村を定期的に空爆している。

シリアは国連に対し、措置を講じ、有志連合によるシリア国内の違法駐留をやめさせるよう求めた。

関連ニュース

露国防省、シリアで化学兵器を使った新たな挑発行為が準備されていると警告

有志連合のシリア・デリゾール空爆で60人超死亡

露国防省、米国がシリアに対して白リン弾を使用した攻撃を行ったと発表

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала