パリ最古の菓子店、Xマスイブに強盗被害

© AFP 2022 / Alexander KleinКондитерская A la Mere de Famille в Париже
Кондитерская A la Mere de Famille в Париже - Sputnik 日本
強盗グループがクリスマスの前夜、パリで最も老舗の菓子店を襲った。ラジオ局「フランス・ブルー」が伝えている。

スプートニク日本

スイーツを商う小さな店「ア・ラ・メール・ドゥ・ファミーユ」は1761年の創業。パリ17区のフォブール・モンマルトル通りにある。ここで25日未明の4時頃、挙動が不審に思われた男3人を警察が逮捕した。

Juguetes - Sputnik 日本
72歳女、おもちゃ店で700回万引きで逮捕 パリ
付近を検査したところ、ナンバープレートが黒い粘着テープで覆われた逮捕者らの車を発見。車内には、重さ数キロの盗まれたチョコレートと、店のレジの中身が隠されていることが判明した。

いったいどの程度の額の金銭が店から盗まれたのかについては、伝えられていない。

関連ニュース

窃盗、密輸、その他の犯罪 ロシアでは何の罪で猫が起訴されるか

『ハリー・ポッター』の作者J・K・ローリングさんが、元アシスタントを訴える ローリングさんのお金で猫やスイーツを購入

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала