登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

アサンジ氏、暗殺あり得るとの認識示す エクアドル裁判所の供述で

© AFP 2021 / John Stillwell アサンジ氏
アサンジ氏 - Sputnik 日本
フォローする
内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジ氏はエクアドル裁判所での供述で、暗殺のおそれがあると明かしていた。供述の書き起こしが同サイトに公開された。

スプートニク日本

内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者、ジュリアン・アサンジ氏はエクアドル裁判所での供述で、暗殺のおそれがあると明かしていた。供述の書き起こしが同サイトに公開された。

供述したのは昨年10月。だが書き起こしがウィキリークスに公開されたのはつい最近だ。

​「夜間に窓から入ってこようとする人もいました。昨夜もそうした試みがあったようです。私には暗殺のリスクがあります。冗談ではありません」  

アサンジ氏は、大量の脅迫を受け取り始め、違法なスパイ行為が行われたことを受けて、大使館で亡命を申請したと述べる。

昨年10月、アサンジ氏はエクアドル政府が「基本的人権と自由を侵害している」として政府に対して訴えを出した。

関連ニュース

アサンジ氏、スウェーデンに1億1200万円要求 訴訟費用として

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала