登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

第2次大戦中に日本の魚雷よって撃沈され姿を消した運搬船を発見

© 写真 : Public domain第2次大戦中に日本の魚雷よって撃沈され姿を消した運搬船を発見
第2次大戦中に日本の魚雷よって撃沈され姿を消した運搬船を発見 - Sputnik 日本
フォローする
第2次世界大戦中に日本の魚雷で撃沈させられた運搬船SSアイロン・クロウン(Iron Crown)号が海洋考古学者たちによって発見された。運搬船は、1942年の沈没以来、約1世紀もの間、行方不明のままだった。

スプートニク日本

SSアイロン・クロウン号は全長100メートル。 BBCニュー スによると、沈没船が発見されたのはオーストラリアのビクトリア 州の沿岸から100キロ沖の水深700メートルの地点。研究者ら によれば、船体はその大部分が保存状態がよく、アンカーも原型を 留めたまま見つかっている。

​SSアイロン・クロウン号は60秒で船体が水中に沈んだ。 この撃沈で38人が犠牲となったが、乗組員5人はが生き残った。 部隊の最後の1人は2012年に死亡した。鉱石を運搬していたS Sアイロン・クロウン号の正確な位置は、 77年間不明のままだった。当時、同船は南オーストラリアからニ ューサウスウェールズ州に移動中だった。

関連ニュース

1945年に日本の潜水艦が沈没させた米巡洋艦が太平洋で見つかる【写真】

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала