日韓外相、23日にパリで会談 主要テーマは二国間関係

© AP Photo / Hau Dinh韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相 - Sputnik 日本
韓国外務省は21日、同国の康京和外相と日本の河野太郎外相が今週フランスのパリで開かれる経済協力開発機構(OECD)閣僚理事会の場で会談すると発表した。

スプートニク日本

政府、韓国に仲裁委応諾働き掛け 徴用工、「協定上の義務」
韓国外務省は「23日に両国の外相会談が予定されている」と発表した。

テレビチャンネル「WTN」によると、会談では、第二次世界大戦中の韓国人元徴用工への賠償など、困難な時期にある二国間関係の問題が主要テーマとなる。

2018年秋、韓国の最高裁判所は、強制労働に対して戦時中の韓国人徴用工4人に計4億ウォン(4000万円)の賠償金を支払うよう新日鉄住金に言い渡した。原告の元徴用工4人のうち、現在も生存しているのは1人のみとなっている。

関連ニュース

政府、日朝首脳会談呼び掛けへ 拉致進展前提とせず

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала