ドーピング関与の17団体を摘発=WADA

世界ドーピング防止機構(WADA)は欧州刑事警察機構(Europol)が主導するアンチ・ドーピングの「ウィリブス」プロジェクトに参加し、偽造医薬品やドーピング禁止薬物を製造する犯罪組織17団体の摘発に関わった。

Europolの報告によれば、このプロジェクトで偽造医薬品やドーピング禁止薬物、およそ380万点を押収したほか、非合法の研究施設を9か所閉鎖し、さらに234人の容疑者を逮捕した。

WADA調査担当責任者のギュンター・ヤンガー氏はコメントを発表し、大陸全土におけるスポーツ業界の不正撲滅にEuropolと共同して取り組む、とした。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала