米国防長官「中国は脅威」 首相と会談、経済活動が略奪的と

安倍晋三首相は7日午前、エスパー米国防長官と官邸で会談した。エスパー氏は米国との対立が深まる中国について「軍事的行動や、計算した上での略奪的な経済的行動が、われわれが守ろうとしている国際的なルールを脅かしている」と批判。北朝鮮の完全な非核化を目指す考えを強調した上で「日本人拉致問題の解決を支持する」と述べた。

首相との会談後、岩屋毅防衛相がエスパー氏と防衛省で初めて直接会談。中東・ホルムズ海峡の航行の安全確保に向けた米主導の有志連合構想も議題となる可能性がある。今月下旬に更新の判断期限を迎える日韓の軍事情報包括保護協定についても議論するとみられる。

(c)KYODONEWS

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала