黙示録を生き残るために最善な国ランキングが発表される 日本もランキング入り

学者が、パンデミック(感染症の世界的流行)による黙示録が始まった場合に最も安全な国のランキングを発表した。サイト「サイエンス アラート」が伝えた。

オタゴ大学のニック・ウィルソン教授によると、バイオテクノロジー分野における発見は、人類全体にとって危険な遺伝子組み換えパンデミックの発生を引き起こす可能性がある。

G20 - Sputnik 日本
未来への挑戦に向けた準備でG20をランキング ロシア12位 さて日本は?
ウィルソン教授は、黙示録が始まった場合、救われることは不可能かもしれないとの見方を示している。だがその時、もし適切な場所にいたとしたら、その人は生き残ることができるとういう。

ウィルソン教授は、大陸で流行病が発生した場合、本質的に水によって汚染地域から孤立している島にいるのが最善だと主張している。

ウィルソン教授はこれらを考慮に入れ、黙示録が始まった場合に安全な避難場所となる可能性のある20カ国のリストを作成した。

上位3カ国は、オーストラリア、ニュージーランド、アイスランド。4位は日本、その後、バルバドス、キューバ、フィジー、ジャマイカと続く。

ウィルソン教授によると、ランキング入りした他の小さな島は、安全性がより低くなるという。

関連ニュース

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала