登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

世界初のクローン牛 石川の「かが」死ぬ

フォローする
石川県の農林総合研究センター畜産試験場で飼育していた世界初の体細胞クローン牛「かが」が死んだ。21歳3ヶ月だった。日本のマスコミが報じた。

報道によると、「かが」は9日に死んだ。死因は老衰とみられている。

共同通信によると、「かが」は英国のクローン羊「ドリー」の技術を応用し、1998年7月に成体のウシの体細胞を使った世界初のクローン牛として生まれた。

双子の「のと」は、2018年5月に死んだ。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала