デザートはどの頻度で取ればいいか 栄養士が説明

ロシアの栄養士アントニーナ・スタロドゥボワ氏が、新年にどのようなデザートを用意したらいいか、甘いものはどの頻度で取ればいいかについて語った。ラジオ局「ガバリット・モスクワ」が報じた。

スタロドゥボワ氏によれば、新年用の料理には、カロリー値がもっとも低い食事を選び、砂糖はできるだけ控える必要があるという。

ダイエット  - Sputnik 日本
寿命を延ばす最大効果は、断食ダイエット 神経生物学者が明らかに
スタロドゥボワ氏は、「健康的なデザートの選択肢としては、なによりフルーツがあり、もちろん、砂糖の使用が少ないフルーツベースのデザートといったものが上げられる」と説明した。

また同氏は、製菓はお祝い用の食べ物であって、毎日食べる必要はないと指摘した。

スタロドゥボワ氏によれば、甘いものの摂取の頻度としては、週に1回以下が好ましいという。


健康的なライフスタイルと長寿に関する他の記事は、スプートニクの特別コーナーでご覧いただけます。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала