登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ロウハニ大統領 ウクライナ機撃墜の責任者処罰を約束

© AP Photo / Iranian Presidency Office

 - Sputnik 日本
フォローする
イランのロウハニ大統領はウクライナのゼレンスキー大統領と電話会談を行い、ウクライナ機の撃墜に関わった戦闘員らを厳重に処分することをウクライナ側に明言した。電話会談後にウクライナ政府が発表した声明で明らかになった。

ボーイング - Sputnik 日本
「家族は737MAXには乗せない」 悪名高いボーイング 社内のやり取りが公開  
イラン軍関係者は11日、ウクライナ機を偶然に撃墜したことを発表し、人的要因があったことを認めた。イラン側の説明によれば、ウクライナ機はイランの「重要な軍事施設」に接近したため、「敵の標的」と誤認された模様。

ゼレンスキー大統領はロウハニ大統領との電話会談後、ツイッターに投稿し、「イラン側が我が国の航空機撃墜を認めたことは正しい方向への第一歩だ。遺体の早期確認とウクライナへの引き渡しを求める」と記した。また、撃墜にかかわった戦闘員の責任を問う上で、技術的・法律的協力をイラン側に要請し、事態の解決を急ぐ姿勢を示した。これに対しイラン側は協力を惜しまない姿勢を示した。

また、ウクライナ政府は撃墜されたボーイング機のブラックボックス2台に保存されたデータの解析作業をイランの専門家チームと共同して行うことを明らかにした。

なお、撃墜されたボーイング機に搭乗していたウクライナ人乗客の遺体は1月19日までに祖国へと引き渡される見通し。

関連ニュース

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала