新型コロナ対策 ドイツが真っ先に国境閉鎖 感染者は7千人超に拡大

© Sputnik / Alexey Nikolski

 - Sputnik 日本
欧州連合(EU)理事会が17日の緊急ビデオ首脳会談で、30日間に渡り第三国からの渡航を制限することで一致したことを受けて、ドイツのアンゲラ・メルケル首相はこの合意を速やかに実施する意向を示した。首脳会談後にベルリンで開かれたブリーフィングでメルケル首相が明らかにした。

ブリーフィングでメルケル首相は渡航制限に関する欧州委員会の提案にEU加盟各国が一致して賛同したことを明らかにした。そのうえで、「ドイツは即刻、これを実施する」と発言、早急に渡航規制を実施する構えを見せた。すでにメルケル首相は外務省と内務省に指示を出している。​


 - Sputnik 日本
新型コロナ EU首脳が30日間の渡航規制で一致

また、メルケル首相によれば、欧州理事会の首脳会談ではEU圏外に滞在する国民の速やかな帰国に向けて加盟各国が協力することでも合意が確認された。

メルケル首相によるブリーフィング後、ドイツのホルスト・ローレンツ・ゼーホーファー内務大臣は空路、海路での入国を厳しく制限するよう指示した。これにより、第三国の国民は特定の要件を満たさない限り、ドイツへの入国が今後30日間にわたって規制された。この規制については、内務省のスティーブ・アルター報道官がツイッターに投稿したメッセージでも明言された。

ドイツでは17日、新型コロナウイルスの国内感染者が7156人に達した。そのうち、12人が死亡している。

スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала