登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

警官が黒人を膝で窒息死 街頭でSNSで止まらぬ憤怒

© AFP 2021 / Kerem Yucel警官が黒人を膝で窒息死 街頭でSNSで止まらぬ憤怒
警官が黒人を膝で窒息死 街頭でSNSで止まらぬ憤怒 - Sputnik 日本
でフォローする
米ミネソタ州では、警備員のアフリカ系米国人ジョージ・フロイド氏(46)が警官に膝で首を絞められ、殺された事件に怒りを爆発させた市民がすでに2日にわたって抗議行動を展開している。SNS上では、米国社会の人種差別をなじる声があげられ、NBA(全米バスケットボール協会)のスター選手らも事件に痛烈な批判を浴びせている。

フロイド氏が締め付けられる様子を映したビデオが公開される。ビデオからはフロイド氏が「お願いだ。息ができない」と訴える声が聞き取れる。

​警官らは、フロイド氏が店で偽の書類を使用したと主張しており、拘束された際に抵抗したと弁解している。フロイド氏は放してくれるよう懇願したものの、警察は聞き入れようとしなかった。

フロイド氏の死亡事件の捜査については、トランプ米大統領も迅速に行うよう指示を出している。

抗議行動の模様はSNSユーザーによってライブで拡散されている。抗議現場では高い火の手が上がっている。

​米NBAのスターらもこの事件についてSNS上で意見を表している。プロバスケットボール選手レブロン・ジェームズ氏も人種差別を表した写真を乗せ、キャプションに「これでわかったか? それともこれでもまだわからないか?」と書きこんだ。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Do you understand NOW!!??!!?? Or is it still blurred to you?? 🤦🏾‍♂️ #StayWoke👁

Публикация от LeBron James (@kingjames)

ステフィン・カリー選手もインスタグラムで怒りをあらわにしている。

「彼はこの警官にとっては人間じゃなかったんだ。こいつはじわじわと引き伸ばしながら、目的をどおりに彼の命を奪った」

NBAをはじめとするスポーツ界の多くのスター選手がこの事件に憤慨した見解を表している。

関連ニュース

記事一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
ディスカッション参加
には、承認または登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала