米黒人暴行死事件のフロイドさん コロナで陽性判定 無症状感染者か

© REUTERS / Umit Bektasジョージ・フロイドさん
ジョージ・フロイドさん - Sputnik 日本
米ミネソタ州ミネアポリスで、警官に取り押さえられた際に死亡したジョージ・フロイドさん(46)が、新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。米NBCが報じた。

同州ヘネピン郡検視局は、フロイドさんは4月3日に受けた検査で陽性と判定されたと発表。さらにフロイドさんが5月25日に死亡した後に行った検査でも陽性だったという。同局は、フロイドさんが無症状感染者であった可能性があると指摘している。

A woman holds up a sign near the White House to protest over the death in Minneapolis police custody of George Floyd in Washington, U.S., June 1, 2020 - Sputnik 日本
全米を変貌させた一人の死 ジョージ・フロイドさんに何が起きたのか
アフリカ系米国人のフロイドさんは5月25日、20ドル札の偽造紙幣を使用した疑いで拘束された。白人警察官らが路上でフロイドさんの首を膝で押さえつけ、息ができないというフロイドさんの懇願を無視。フロイドさんは、搬送先の病院で死亡が確認された。

警察官らがフロイドさんを取り押さえる動画がインターネット上で拡散されて以来、全米や欧州で大規模な抗議活動が行われている。

スプートニクは以前、フロイドさんの司法解剖の結果、死因は物理的に圧迫されたことによる窒息死であることが確認されたと報じた。

関連記事

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала